岡山@太陽光発電 太陽光発電を(岡山市,倉敷市,総社市,笠岡市,井原市,浅口郡)でお考えの方へ

プライバシーポリシー サイトマップ
株式会社住まいるサポート
太陽光発電の無料お見積り・お問合せ
太陽光発電について無料お見積り・お問い合わせはお気軽に!0120-17-4152 お問い合わせください
太陽光発電.com HOME 太陽光発電.com 会社概要 太陽光発電の基礎知識 太陽光発電おすすめプラン 太陽光発電の商品ラインナップ 太陽光発電Q&A 太陽光発電の導入事例
HOME > 太陽光発電Q&A > システムについてのQ&A
太陽光発電のお問い合わせは岡山@太陽光発電へ!0120-17-4152
menu
太陽光発電Q&A
太陽光発電 全般
費用・補助金について
システムについて
設備・施工について
その他


SHARP
MITSUBISHI
KYOCERA
Panasonic
TOSHIBA
長州産業
SOLAR FRONTIER
FUJI PREAM
J-PEC 太陽光発電普及拡大センター
NEDO 新エネルギー・産業技術総合開発機構
新エネルギー財団
未来が変わる。日本が変わる。 チャレンジ25
再生可能エネルギーの固定価格買取制度
グリーン・エネルギー・パートナーシップ

激安オール電化ショップの住まいるサポート
激安オール電化ショップ
岡山@オール電化
岡山@オール電化
リフォーム,住宅リフォーム
リフォームお役立ちサイト
わが家の太陽光発電所

太陽光発電Q&A
システムについてに関する、よくあるご質問と回答集です。
こちらであなたの疑問が解決しない場合は【 無料お見積り・お問合せ 】より、お気軽にお問合せください。
太陽光発電Q&A
太陽光発電 全般 費用・補助金について
システムについて 設備・施工について
その他  
システムについてのQ&A
Q 一般的には何kWを設置しているのか?
住宅用では4〜5kW、公共・産業用では10〜50kWが一般的です。
このページのTOPへ▲
Q 太陽電池モジュールの上に人が乗っても壊れないか?
過度の集中荷重により枠の変形やガラスが割れる可能性があります。
モジュールの上へ人が乗ることは各メーカーが禁止事項としています。太陽電池セルは非常に薄うため、見た目は割れたように見えなくてもマイクロクラックというひび割れが発生します。このマイクロクラックが起こると発電量の低下につながります。
このページのTOPへ▲
Q 太陽光発電の設置方位や設置角度の影響は?
太陽電池モジュールの発電量は、設置場所の緯度、天候、設置方向、設置角度、通風状況等の設置条件に影響されます。

原則的には、最大の発電量が得られる方位、角度に太陽電池モジュールを設置しますが、外観や構造(耐風圧など)や経済性などを考慮して、必ずしも発電量が最大になる条件で設置されるとは限りません。

屋根など既存の場所に設置する場合にはその設置する場所に合わせた方向(方位)、角度に設置することが一般的です。
このページのTOPへ▲
Q 方位、傾斜角により発電量はどの程度変化するのか?
設置方位は真南向、傾斜角度20〜30°が最適です。
(20°と30°の発電量の差は約1〜2%程度です)
真東、真西向きに設置しても真南に比べ結晶系太陽電池では約15%程度の発電量低下となりますが、十分に使用できる方位です。
このページのTOPへ▲
Q 設置できる屋根は南向きだけですか?
下図のように太陽電池を設置する方位によって発電量が変わります。方位を確かめて設置してください。またひとつのシステムを東西などに分けて設置することもできます。

このページのTOPへ▲
Q 設置方位や設置角度の影響は?
設置方位や設置角度によって日射量が大きく変化します。東京における日射量の方位角度、傾斜角度別の関係を下表に示します。最も日射量が大きいのは、真南の方位で30度の傾斜角度のときになります。

このページのTOPへ▲
Q 影の影響はありますか?
下記のような影響があります。なるべく太陽電池に影が掛からないような工夫をすることが重要です。
’い影(山、ビル、樹木、電柱等の影)が太陽電池に掛かった場合、発電量が低下しますがゼロにはならず影の部分でも周囲からの散乱光により10〜40%程度発電します。
⇒遒鼠佞覆鰭堝明な物体が太陽電池の表面に貼りついた場合、その物体により遮られる光の量による発電量の低下以上に太陽電池の発電量は低下します。長期間その状態が続くと、光の遮蔽された部分のセルが高温となって特性が低下するホットスポット現象が発生する場合もあります。通常は太陽電池内部にバイパスダイオードが取り付けられていますので、この現象の発生が防止されています。
このページのTOPへ▲
Q TVアンテナは問題ないですか?
既設のアンテナ等が太陽電池の南側にある場合、移設してください。
 ̄討留洞疎斥枦澱咾鳳討掛かると発電量は低下しますが、アンテナのように細いものであれば、発電量に大きく影響することはありません。
∪瀉崗貊蠅涼躇嫗斥枦澱咾良縮未惑鯣超化ガラス(3亳以上)で覆われていますが、TVアンテナの設置の際、台風等でアンテナポールが折れても太陽電池に直接当たらない位置に設けてください。また、設ける場所が無い場合には、アーム型の取り付け金具を用いて外壁面に取り付けてください。
このページのTOPへ▲
Q 設置傾斜角度はどのくらいが最適か?
太陽電池の発電量の面では全国平均的には30°前後が最も有利ですが設置工事やメンテナンスのことを考えると地域によって差があり、発電量が数%しか変わらない20°から30°程度の傾斜角度での設置が多く採用されています。
このページのTOPへ▲
Q 建物はシステムの重さに耐えられますか?
10kWシステムを設置する場合、太陽電池モジュールおよび架台の重さは約 3000kg程度であり、この重さ約75〜85屬量明僂吠散されます。また、質量だけでなく、設置条件によって異なる風圧や積雪過重の検討も必要です。
建物の強度については、建築設計した会社や設計事務所に確認しておくのが安全です。
このページのTOPへ▲
Q システムの質量はどれくらいですか?
結晶系の10kWシステムで考えますと、モジュール本体の質量は約1000kg、架台は条件によって異なりますが、おおよそ1500〜2500kg程度となります。
このページのTOPへ▲
Q 接続箱とは?
太陽電池モジュール(アレイ)の出力を集電して、パワーコンディショナに供給します。
直流開閉器、逆流防止機能及び誘導雷保護装置等を収納します。
このページのTOPへ▲
Q ブロッキングダイオード(逆流防止ダイオード)とは何か?
太陽電池と負荷又は蓄電池との間に順方向に接続されたダイオードで負荷又は蓄電池からの逆流を防ぐ為のダイオードです。
このページのTOPへ▲
Q バイパスダイオードとは何か?
太陽電池と並列に、太陽電池の出力電圧とは逆方向となるように接続し、陰などの影響で逆バイアスされた太陽電池の電流をバイパスするためのダイオードです。
このページのTOPへ▲
Q パワーコンディショナで何を保護するの?
系統連系に関する各種保護(系統不足電圧、過電圧、系統周波数変動)と直流流出及び単独運転の防止です。
このページのTOPへ▲
Q パワーコンディショナの目的は?
太陽電池で発電した直流の電気を、電力会社から送電される電気と同じ交流に変換する機能と、系統との連系に関する保護を目的として設置します。
太陽電池の発電電力を最大限に効率良く取り出すことと、配電系統と安全に連係することが重要な機能となります。
このページのTOPへ▲
Q 電圧は100V、200Vどちらでも使用できるの?
住宅用システムは100V、公共産業システムの場合、3相3線200V出力が標準です。また、特別に単相3線105/200V回路用に製作することも可能です。
このページのTOPへ▲
Q kW(キロワット)とkWh(キロワットアワー)の違いは何ですか?
“kW”とは瞬時の発電電力を示し、“kWh”とは1時間あたりの発電電力量若しくは、ある時間帯・1日等の消費又は発電電力の時間積算値を示します。10kW発電を5時間続けた場合、10×5=50kWhの発電電力量となります。
このページのTOPへ▲
Q 塩害についてはどうですか?
一般品は塩害地では設置不可としています。
海岸より1km以内を塩害として規定としていますが、これを超える地域において、屋根(カラーベスト)・外壁等塩害対策している地域も塩害地域とみなしてください。
塩害地用の仕様品も用意されております。
このページのTOPへ▲
Q 停電の時はどうなのですか?
系統連系システムの場合、太陽光発電システムは系統から切り離なれます。系統が復旧した場合、太陽光発電システムは、自動的に系統に連系されます。手動又は自動により自立運転に切り替えるシステムの場合、太陽光発電システムが発電状態であれば日射強度に応じた発電電力が使用できます。
このページのTOPへ▲
Q 雷が落ちやすくないですか?(落ちた場合大丈夫ですか?)
太陽電池だから雷が落ちやすいということはありません。屋根や屋上に設置する他の設備と同様です。
このページのTOPへ▲
Q 耐火の認定はどうですか?
耐火認定を受けた太陽電池屋根もあります。
このページのTOPへ▲
Q 防災性能の認定を受けていますか?
「建築基準法第68条の26第1項の規定に基づき、建築基準法第63条の規定に適合する」構造方法又は建築材料として、国土交通省の認定を受けているものがあります。
このページのTOPへ▲
Q 地震など災害時には使えるのか?
停電になってもパワーコンディショナの自立運転機能により、太陽光が当たっていれば系統と完全に切り離した上で最大定格出力の発電電力範囲内の電力が使用できるシステムもあります。
このページのTOPへ▲
太陽光発電について電話でお問合せ フリーダイヤルマーク0120-17-4152 太陽光発電についての無料お見積り・お問合せ
株式会社住まいるサポート
〒701-0164 岡山県岡山市北区撫川45-3
TEL 086-293-0111  FAX 086-293-0113

太陽光発電の無料お見積り・お問合せ
お問い合わせ
TEL 0120-17-41520120-17-4152
AM9:00〜PM7:00
営業時間外、休業日でも転送又は留守番電話でお受けしています。お気軽にお電話下さい
このページのTOPへ▲

ホーム会社概要太陽光発電の知識太陽光発電おすすめプラン太陽光発電 商品ラインナップ太陽光発電Q&A太陽光発電の導入事例
プライバシーポリシーサイトマップリンク集お問合せ・お見積り依頼

岡山@太陽光発電 〒701-0164 岡山県岡山市北区撫川45-3
フリーダイヤル:0120-17-4152 TEL:086-293-0111 FAX:086-293-0113
Copyright (C) 2008 岡山@太陽光発電.com. All Rights Reserved.